幻滅するのは事実を見ていないから

こんにちは Kayです🌛



類義語の調べものをしている過程でたまたま「幻滅」という言葉に触れました。個人的には「がっかりする」という意味で使っていたのですが、そのサイトで書かれている意味に若干衝撃を受けましたのでシェアします✨


幻滅
間違った信条または幻想からの解放


通常の検索ですと


げんめつ
【幻滅】
《名・ス自》幻想からさめること。美しく心に描いていた事が、現実には幻に過ぎないと悟らされること。 「―の悲哀」


くらいの書き方なのですが、前者は「間違った」とかなり手厳しい(笑)


字義的には「幻滅した」と相手に思う(ましてや言う)のは、間違いなのがわかります。幻を抱いた=ありのままの現実を見ていないのはその人の現在の状態という事実なのであって、対象者の責任ではないということ。(騙してやろうなんて意図が無ければの話ですが)


そう考えると、美化も中傷も根っこは一緒だなと思うのです。


美化→実物以上に美しいと捉えること
中傷→根拠がないことを言い、悪く言ったり嫌がらせをすること


どちらも根拠はなく事実を受けとめていない状態ですね。その人にはそれが真実なんでしょうけれど…ということです。


自分が見ていた幻の外に出ていったショック(想定外とも言いますね)や、事実を受け止められない痛みのあまり、対象者にその責任を押し付けてしまうのが「幻滅した」と言い立てる行為や、中傷なんだなと思いました。



ということで、幻を抱くことのアカン感じは伝わりましたでしょうか?これは私がブログで書いているフィルターや色眼鏡にも通ずる話だと思います。どんどん覚めて、事実を受け止められる器を育てていきましょう♡というお話でした✨


たまーにこうして辞書を引くと、何歳になっても新しい発見があり面白いです。歳を重ねた脳みそでも、何らかの汁が出そうな感じです(笑)



Don't find yourself.
Create yourself.
Love yourself!


With love,
Lunar Phase Kay🌛


Lunar Phase

オラクルカード講座、ペタルトーンエッセンス販売、SNSカウンセリング