子供だって変化が苦手😣

こんにちは Kayです🌛



関東はまた真冬の冷え込みです。風邪を治しては子供がもらってきた菌でぶり返す…を繰り返しております😇


さて、そろそろ卒業の季節ですね。
子供の周りでも少しずつ変化の足音がしているのですが…


私、変化にすごく弱かったです😅


変化についての一番古い記憶は3歳の時の引っ越し。家を移るということは理解していて、当時一番仲の良かった女の子に「私お引越ししちゃうんだ」と、とても悲しい気持ちで話したことを今でも覚えています。


よく「子供はすぐ環境に慣れるから」って言いますが、この経験からそれも個人差あると思っています。色んな事を感じて考える子、おっとりしている子、表にどう出していいかわからない子…このような子達は変化に弱いのではないかなと思います。


私は後々までその傾向が出ていまして、小学校ではクラス替えの後に元の先生とクラスがいいと、先生にお手紙を書きましたり😅中高は日本人学校で育ったのですが…節目は必ず誰かが本帰国しますので、特に中学から高校に上がるタイミングで仲の良かった子達が帰った時は、なかなか新しい生活に馴染めない日々が続きました。


本人的には、中々切り替えられない苦しさや、それでも周りは変化に乗って楽しく過ごしている中で置いていかれたような、寂しさと気恥ずかしさがない混ぜの不思議な気持ちでいました。


今はその気持ちの区切りの付け方が、だいぶ上手になったなと思います。物事が移ろいゆくのはそういうものだと受け入れ、変化を受け入れない方がつらいということを学んだからと思うのですが…これって別れの季節だけに特別に言えることではなくて、普段の生活に於いても言えることですよね✨カードや内観をしてきたことで、変わることへの感覚が変化したのかなと思います。


ただ、もしも変わることが怖い方がいらっしゃる場合「こうでなければいけない」ということは一切ありませんので…!どうかゆっくりと、その気持ちに向き合ってあげてください。昔に遡ってみますと、思わぬところに根っこがあるかもしれません。


そして。
親になった今、子供が思わぬところで泣き言を言ってきて驚くことがあるのですが、ひとつひとつその奥にある気持ちは何なのかを感じながら接するようにしています。子供が安心できる場所、そのやわらかな心を受け止めてもらえる場所として在ることが、外の変化にも負けずにいられる強さを育む土壌になるのでは…と思うからです。今よく聞く言葉で言えば「自己肯定感」を育むことですね。ここではどんなことを感じたっていいのよと伝えていかれたら良いなと思います。


ある意味、相談に来てくださる方に対してもこんな気持ちかもしれません(笑)
それでは。


Don't find yourself.
Create yourself.
Love yourself!


With love,
Lunar Phase Kay🌛

Lunar Phase

オラクルカード講座、ペタルトーンエッセンス販売、SNSカウンセリング